どろあわわに「美白効果」がある成分はあるの?

どろあわわ 美白

どろあわわの口コミを見ていると「肌がワントーン明るくなった気がします!」なんていう意見が多いです。

では、実際どろあわわには美白効果がある成分(美白有効成分)は入っているのでしょうか。

結論から言うと・・・

どろあわわに美白有効成分は入っていません。

どろあわわを使うことにより、肌本来の色そのものが白く変化することはありません。

それなのに、なぜ「肌が明るくなった」という意見があるのか。それは、どろあわわには蓄積された古い角質や毛穴汚れを落としてお肌を清潔な状態に保つ効果があるからです。

どろあわわ自体には美白有効成分は入っていません。でも、古い角質や毛穴汚れを落とすことによって、元々汚かった肌がきれいになることで、結果的に「肌が明るくなった」と感じるのだと思います。

 

毛穴汚れを落とす

お肌に毛穴汚れがあると、顔の色も違って見えてしまいます。透明感にも欠けますし、肌が汚く見えてしまいます。例え肌本来の色が白かったとしても、いちご鼻の状態になってしまうと、黒いぽつぽつのせいで本来の白いお肌が台無しですよね。

お肌のトーンアップのためには、毛穴汚れや黒ずみをしっかりと落とすことが重要です。

そこで活躍するのがどろあわわ。

どろあわわに含まれている沖縄産マリンシルト・国産ベントナイトという2つの泥パワーによって、毛穴の奥まで汚れを吸着し、がんこな毛穴汚れや角栓・余分な皮脂をとりのぞいてくれるのです。

 

肌に蓄積されたメラニンがシミに・・・

どろあわわ

 

美白で重要視されるのが、シミの問題ですよね。では、シミが出来るメカニズムをご存知でしょうか。原因の1つとして、肌に滞留してしまったメラニンの影響があげられます。

紫外線を浴びたお肌の奥(表皮細胞の中)では、紫外線から肌の細胞を守るためにメラニンという色素が生成されます。ですが、表皮細胞は徐々に分裂しながら肌の表面に押し出され、最終的にははがれ落ちていきます。そのため、表皮細胞の中に生成されたメラニンも、表皮細胞と一緒に肌の外へと排出されることになります。

これをターンオーバーと言い、本来であれば約28日のサイクルでこのターンオーバーが行われているため、生成されたメラニンが肌に蓄積されてしまうことはありません。

しかし、何らかの影響によりターンオーバーが乱れると、生成されたメラニンが上手く排出されずにお肌に蓄積し、シミへと変化してしまうのです。

したがって、ターンオーバーを正常に保つことは、美白を追求するにあたって非常に重要なポイントです。

 

ターンオーバーを正常に保つために

どろあわわ

 

ターンオーバーの乱れを改善するためには、肌への過度な刺激を避けながら余分な皮脂や汚れを落とすことが大切です。

毛穴汚れが気になるからといって、刺激が強い洗顔料でごしごしとお肌を洗っていませんか?

本来約28日間周期で自然に行われる表皮細胞の排出ですが、強い刺激によって無理やりはがされてしまうと、肌は急いで新しい細胞を生成しようとします。これがターンオーバーの乱れにつながってしまうのです。

どろあわわは濃密泡での洗顔が特徴です。濃密でしっかりとした弾力の泡でお肌を守りながら洗顔することができます。

肌に摩擦による刺激を与えない洗顔方法によって、ターンオーバーの乱れを防ぐ。これが美白への近道になるかもしれません。

コメントは受け付けていません。