どろあわわでいちご鼻を解消するための正しいケアの仕方を教えちゃいます

 

ポツポツとした鼻の黒ずみって、すご~く目立つし、人目も気になりますよね。

 

だからといって、指で押し出したり、毛穴パック(特に剥がすタイプ)は絶対にNGです。

肌に負担がかかるし、毛穴が開いてしまい、毛穴の黒ずみを悪化させる結果になってしまうからです。

たしかに角栓はごっそり取れて、短時間で済むんですが、悪化させちゃったら元も子もありませんよね。

 

そこでどろあわわを使っていちご鼻を解消する方法を紹介します。

 

そもそもいちご鼻になる原因って何?

毛穴に汚れやほこり、古い角質などが詰まると角栓ができます。

この角栓が時間の経過とともに酸化すると黒くなっていくのですが、この状態が黒ずみです。

つまり黒ずみ(いちご鼻)の正体は酸化した角栓です。

しかもこの間に毛穴もどんどん広がっているので、かな~り厄介です。

 

なので、いちご鼻予防には肌に負担を掛けずに、しっかり汚れを落とすことが大事です。

どろあわわは濃密泡で肌に負担を掛けずに、毛穴奥の汚れもしっかり落としてくれるので予防には最適です。

 

しかし、どろあわわの口コミを見ると「毛穴の黒ずみには効果がありませんでした。』というような声もあります。

黒ずみが気になりだしたときには、すでにかなり頑固な角栓に成長しています。

それに角栓が取れたとしても、毛穴もぽっかり空いているので洗顔後のケアも重要です。

 

どろあわわがいくら汚れを落とすといっても、頑固な黒ずみができたあとだと洗顔だけではちょっとキツイかもしれません。

逆に黒ずみさえ落としてしまえば、どろあわわの効果も実感しやすいとも言えますね。

 

黒ずみを指で押し出したり、毛穴パックがNGな理由って?

どろあわわ お試し

結論から言うと、肌がダメージを受けていちご鼻を悪化させるからです。

 

たしかに指で押し出したり、毛穴パック(剥がすタイプ)をやるとあっという間に角栓が取れます。

毛穴パックは短時間でごっそり角栓が取れるので、ものすごく爽快です。

シートにびっしりついた角栓を見ると「気持ちいい!!」って思いますよね。

私も一時期やっていたので、その気持ち分かります(笑)

 

でもこれをやってしまうと、ダメージを受けた肌はターンオーバーが乱れたり、皮脂を過剰に分泌したりします。

ターンオーバーが乱れると古い角質が残ってしまい、毛穴詰まりの原因になります。

また肌を守ろうと皮脂もどんどん分泌されるので、そりゃあ角質もできやすくなっちゃいますよね(;´Д`)

 

なので、いちご鼻を解消しようと思ったらお肌に負担を与えないということがポイントになってきます。

 

いちご鼻を解消するには具体的にどうしたらいいの?

かんたんに言うといちご鼻の原因は毛穴の詰まりと毛穴の開きです。

なので、洗顔で毛穴の詰まりを取って、毛穴を引き締めてあげればいいというのは想像できますよね。

 

私のおすすめは洗顔前に蒸しタオルを使う方法です。

 

洗顔前にしっかりと毛穴を開いてあげれば、どろあわわの効果を実感しやすいです。

あとはそのままだとまた毛穴に汚れがドンドンたまっちゃうので、しっかり保湿をして引き締めるのもポイントです。

 

蒸しタオルの作り方

蒸しタオルの作り方はこんな感じです。

1.清潔なタオルを水に濡らして、軽く絞る。

2.半分に折ってから、くるくると巻く。(おしぼりのイメージ)

3.電子レンジで30秒から1分くらいの目安で加熱する。

4.レンジから出したタオルを広げて、適度な温度に冷ます

 

タオルの大きさや電子レンジのW(ワット)、水分量によって加熱時間は変わってきます。

加熱時間はあくまで目安程度にしてください。

感覚的にはちょっと熱いかなくらいの温度がちょうどいいと思います。

あまり熱いと逆にお肌を傷める原因になるので、ほどほどにしてくださいね。

 

電子レンジが面倒なら、お風呂に浸かりながら蒸しタオルという方法もありです。

ついでにできるし、しっかり毛穴も開くので、こっちの方がお手軽です♪

 

いちご鼻解消を狙った洗顔&ケアの手順

肌を温めると毛穴が開き、汚れや角栓を落としやすいので、いちご鼻の解消に役立ちます。

ただ毛穴を開くだけではなく、その後の洗顔や保湿も大事になってきます。

では洗顔とケアの手順を紹介していきます。

1.メイクをしている場合は、クレンジングで落とす。

2.蒸しタオルを作る。

3.適温にしたら顔全体に当て軽く押さえる。

4.3分くらいそのままにする

5.どろあわわで洗顔をする

6.洗顔後はすぐに化粧水で保湿する。

 

メイクは毛穴詰まりの原因になったり、毛穴の汚れや角栓を落としにくくします。

メイクをしているときは、あらかじめクレンジングでメイクを落としてから、蒸しタオルを使います。

 

蒸しタオルは肌にいいのですが、洗顔後は肌が乾燥しやすい状態です。

洗顔をしたら、すぐに化粧水などでしっかり保湿することも大切です。

保湿をすることで毛穴も引き締まるので、毛穴詰まりの予防にもなります。

 

まとめ

以上が、どろあわわでいちご鼻を解消するケアの方法でした。

いちご鼻を解消するポイントは、洗顔前の蒸しタオルと洗顔後の保湿です。

かんたんに、そしてどろあわわの効果を実感しやすい方法なのでぜひ試してみてくださいね。

 

どろあわわは肌に負担を掛けずに、しっかりと汚れを落としてくれるので毛穴詰まりの予防にオススメです。

でも、口コミを見ていて実感できないという声がけっこうあったのでもったいないと思いました。

もしどろあわわの購入を検討していて、いちご鼻で悩んでいたらぜひこの方法を試してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。