どろあわわを肌断食中に使っても大丈夫?メリットとデメリットを検証

どろあわわ 肌断食

 

スキンケアやメイクを断ち、肌を休ませることで肌本来の力を取り戻す肌断食。

美肌で有名な小雪さんや有村架純さんなどの実践している芸能人も多衣ですよね。

もしかしたらすでに実践してる、あるいはこれからやってみたいと思っているかもしれませんね。

 

しかし、肌断食は向き不向きがはっきりしています。

美肌を目指していたのに肌がカサカサになった、シミができた、ポロポロ皮が剥けちゃうなどの肌トラブルになる人も少なくありません。

肌断食を2年間実践していたけど、中断してスキンケアをするようになったらみるみる肌の状態が良くなったなんて話もあるくらい。

 

ネットでは肌断食の失敗談も多くあるので、いきなり本格的な肌断食をやるのに抵抗がある人もいるんじゃないかって思います。

そこでおすすめなのが、どろあわわで始めるプチ肌断食です。

今回は、肌断食中にどろあわわを使うメリットとデメリットについて書いていきます。

 

肌断食をはじめるならプチ肌断食がおすすめ

どろあわわ 肌断食

 

本格的な肌断食って、純石鹸(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上のもの)で洗顔します。

でも、石鹸で洗顔したことがあるなら分かると思うんですが、ものすご~く肌がつっぱったり、乾燥したりしませんか?

なので、保湿剤としてワセリンを使うんですが、あまり顔にペタペタ塗りたいものじゃないですよね。

 

もちろん最終的に純石鹸だけで肌トラブルもなく、美肌に慣れるんなら言うことないですけど・・・。

いきなり本格的な肌断食ってハードル高過ぎじゃないですか?

そこでおすすめなのが、徐々にスキンケアを減らしていったり、週末だけ・夜だけ行うプチ肌断食です。

プチ断食の方法はこんな感じ

徐々にスキンケアを減らしていく方法

プチ肌断食というとこのやり方がオーソドックスのような感じがします。

やり方としては、洗顔後に行うスキンケアを徐々に減らしていしていきます。

洗顔をしたら化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリームとケアをしていきますよね。

それをまずはクリームをつけないで様子を見る。大丈夫そうだったら乳液をつけないようにするといった感じ。

最終的に洗顔後、何もつけないでも大丈夫というのが理想です。

夜だけスキンケアをしない方法

説明の必要ないと思いますが、夜だけ洗顔後スキンケアをしない方法ですね。

働いている人なんかはメイクをしないというわけにはいかないので、このやり方を実践している人も多いです。

ただいきなりスキンケアを全くしないというのはちょっときついので、化粧水だけはつけるとかでもOK!

こちらも肌の状態を見ながら、徐々に減らして行くといいでしょう。

週末だけスキンケア&メイクをしない方法

平日はメイクをしないと厳しいですが、週末の休みにはメイクをしないという人も多いのでは。

そんな人は週末の数日間、メイク&スキンケアをせずに肌を休ませるというのも1つの方法。

平日は夜だけスキンケアをしない、週末はメイクとスキンケアをしないという感じで掛け合わせてもいいですね。

肌に負担をかける時間が少なくなればなるだけ、肌が休まる時間が多くなりますよね。

プチ断食で自分に合うやり方を見つける

どろあわわ プチ肌断食

 

プチ断食といっても、いろんなやり方があって面白いですよね。

肌への負担を減らして休ませることによって肌本来の力を取り戻すのが肌断食なので、こんな感じでいろいろあってもいいんじゃないでしょうか。

なんなら、美肌になるんだったら別に肌断食にこだわらなくてもいいはずです。

 

芸能人の方なんかは仕事上どうしてもメイクは避けられませんよね。

本格的な肌断食はできないので、プチ肌断食+αのやり方をしてるんじゃないかと思います。

例えば、有村架純さんの場合だとグルテンフリー(小麦などに含まれるたんぱく質を摂らない)も並行してやってますよね。

 

なので、あれもダメ、これもダメじゃなくて自分ができるところから徐々に始めていくといいんじゃないでしょうか。

肌断食というと純石鹸を使った洗顔、もしくは水洗顔というのがルールなんですが、ちょっときついですよね。

だったら、添加物が少なく、肌への負担が少ないどろあわわを使ってスキンケアを減らしていくというのも1つの方法です。

どろあわわだったら美容成分や保湿成分がたっぷりなので、純石鹸より肌への負担も少ないですよね。

 

どろあわわを使うメリット・デメリット

肌断食でどろあわわを使うメリット

  • 肌断食を始めるためのハードルが下がる
  • モコモコの濃厚泡なので肌への負担が少ない
  • 泥成分が汚れを吸着するのでこすらなくてもいい
  • 美容成分や保湿成分たっぷりなのでスキンケアを減らしやすい

どろあわわはダメージがある肌にも優しく、負担をかけずにしっかり洗い上げてくれます。

肌断食を考える人は、何かしらの肌トラブルを抱えてると思います。

なので、純石けんから始めるよりはどろあわわから始めた方が肌トラブルが少なく、続けていきやすいでしょう。

肌断食でどろあわわを使うデメリット

  • 純石けんよりコストが高い

私には肌断食を始める際にどろあわわを使うデメリットというのはほとんどないと思ってます。

強いて言えば、どろあわわの方が純石けんより価格が高いので、それはデメリットですね。

むしろ、いきなり純石けんから始めるよりはメリットの方が多いんじゃないかと。

段階的にスキンケアを減らしていく、肌の状態が良くなってきたところで純石けんに切り替えていけばいいんじゃないでしょうか。

まとめ

以上の理由で、肌断食中にどろあわわを使うのは大いにありだと個人的には思います。

肌断食についてもネットでいろいろ調べたんですが、本格的にやっても必ずしも美肌になれるわけありません。

また成功している人も、自分なりにアレンジしてやっています。

なので、自分の肌の状態を見ながら、自分に合ったやり方を見つけるのがベターなんじゃないでしょうか。

これから肌断食をやってみたいという人は、まずはどろあわわを使ってみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。