こんな使い方は絶対NG!どろあわわの間違った使い方

「どろあわわを使い始めたのに、全然効果がない・・・」

「口コミだと絶賛されていて期待したのに・・・」

そんな風に思っているあなたは、もしかすると、どろあわわの使い方に問題があるのかもしれません。

 

どろあわわ 間違った使い方

 

今回は、どろあわわの間違った使い方を7つ紹介します。もし、以下に紹介する使い方で1つでも当てはまるものがあるのなら、すぐに改善しなければいけません。効果を感じられないのはそれが原因かもしれませんよ。

 

①ごしごしと擦るように洗顔している

とても有名な話なので当てはまる人もあまりいないと思いますが・・・。ごしごしと擦って洗うのは絶対にNGです。擦ることによって生じる摩擦が肌に悪影響を及ぼしてしまうため。

汚れを落とそうと一生懸命洗うことが、逆に肌には負担になってしまうんです。洗い上がりにつっぱりや摩擦を感じる方は、洗顔時の肌への摩擦が大きすぎることが原因かもしれません。

 

②一日に何回も洗顔している

顔のテカリや毛穴汚れが気になるからと言って、一日に何回も洗顔してしまうのはNGです。先ほど述べた通り、洗顔時の摩擦は肌に悪影響を及ぼします。いくら摩擦に気を付けていたとしても、何度も何度も洗顔することは、肌への負担になってしまいます。

また、過剰に分泌された皮脂が顔のてかりやニキビの原因になることは事実ですが、だからと言って皮脂を落としすぎるのも良くありません。肌には一定程度の皮脂が必要と言われています。一日に何度も洗顔していると、必要な皮脂まで落としてしまうことにつながります。

洗顔は朝と晩だけに絞るようにしましょう。

どろあわわ 使い方

 

③洗顔後に保湿をしない

洗顔後に乾燥や肌のつっぱりを感じる方は、化粧水や乳液での保湿が必須です。乾いた大地に一滴の水を与えたとしても、一瞬で乾いてしまいます。それと同じように、乾燥した肌に与えた水分もすぐに蒸発してしまいます。

そのため、化粧水や乳液を使って、肌に与えた水分をとじこめる必要があるのです。

 

④熱いお湯で洗っている

熱いお湯やシャワーで洗い流すことも肌への負担になります。お湯は皮脂を洗い流す力が強いため、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうからです。

一般的に、洗顔時には水またはぬるま湯が推奨されています。

 

⑤泡立てる量が少ない

摩擦が肌に悪影響を及ぼすことは何度も紹介しましたが、泡が少ないと肌への摩擦は大きくなってしまいがちです。しっかりと泡立てて、指や手のひらで肌を擦るのではなく、泡を使って汚れを落とすイメージで洗顔してみてください。

せっかく泡洗顔のどろあわわを使うなら、しっかりと泡立てないともったいないです。泡立てネットを使用して、もこもこの泡でマッサージをするように洗顔することを意識しましょう。

 

⑥洗顔時間が長すぎる

どろあわわは洗浄力が強いため、短時間の洗顔で十分な効果を発揮してくれます。逆に、洗顔時間が長すぎると、その洗浄力がかえって肌への負担につながることにもなりかねません。洗顔時間は1分以内を意識してみましょう。

 

⑦しっかりと洗い落とせていない

洗浄力の強いどろあわわが洗顔後も洗い落とせていなかった場合、肌への負担が大きなものになります。特に、小鼻やあご下などには泡が残りやすいので、しっかりと洗い落とすことを意識しましょう。もちろん洗い流すときは、水またはぬるま湯で優しく洗い流してください。

 
どろあわわ NG
 

いかがだったでしょうか?以上紹介した7つのNG洗顔に1つでも当てはまった方は、今すぐ改善してみましょう。どろあわわの本当の力が分かるようになるはずです。

コメントは受け付けていません。