どろあわわに付いてる洗顔ネットの使い方【動画つきでご紹介】

どろあわわで洗顔して喜ぶ女性

どろあわわを購入すると泡立てネットがついてきます。
泡立てネットをうまく使うことで洗浄力を高めるだけでなく、肌に優しい洗顔をすることができるようになります。

でも、「洗顔ネットって使った方がいいの?」「洗顔ネットの使い方がわからない」という方も多いと思います。
ここでは、どうして洗顔ネットを使ったほうがいいのかと、正しい洗顔ネットの使い方を紹介します。

どろあわわの洗顔ネットを使うメリットは?

どろあわわの洗顔ネットを使うメリットは、洗浄力を高めることと、肌に優しい洗顔をすることができることです。

洗顔の目的は、肌についている皮脂やほこりなどの汚れを落とすことです。
肌の汚れをほうっておくと、毛穴に詰まってニキビやくすみの原因になったり、脂性肌の原因になってしまいます。

どろあわわは3つの泥パワーで汚れをしっかりと吸着してくれますが、泡立てが不十分だと本来の効果を発揮できません。
泡を肌にしっかり吸着させることで、どろあわわの洗浄力を100%発揮することができます。

 

私たちの顔の肌は、他の体の部分の皮膚に比べてとてもデリケートにできています。

肌へのダメージの原因は摩擦です。
洗顔は肌の汚れを落とすために必要なスキンケアなのですが、肌を擦ることになるのでどんなに工夫しても肌へのダメージをなくすことができません。

もちもちとした泡をしっかりと作ることによって、肌への摩擦が減って肌に優しい洗顔ができるようになります。

洗顔ネットの使い方の動画を確認

どろあわわの洗顔ネットの使い方の動画を見てみましょう。
この動画はどろあわわの販売元の公式の動画です。

動画で説明されている内容をそのまま書きだしました。

  1. 泡立てネットに水を含ませて、余分な水分をぎゅっと絞ります。
  2. 泡立てネットの間に「どろあわわ」を2~3cmとります。
  3. 空気を含ませながらクシュクシュと泡立てます。
  4. 泡立てネットの根元から、泡を丁寧に絞り取ります。
  5. もっちり濃密泡の完成です。
  6. 逆さにしても落ちない泡が理想的です。

この6ステップが正しいどろあわわの泡立て方法になります。

洗顔ネットの使い方のポイント

どろあわわの洗顔ネットの使い方のポイントは水分と空気をうまく混ぜることです。
洗顔料の泡を立てるためには、適度な水分と空気が必要になります。

動画の説明の中でも特に重要なのが「1.泡立てネットに水を含ませて、余分な水分をぎゅっと絞ります。」「3.空気を含ませながらクシュクシュと泡立てます。」の2つです。

水を入れるのは洗顔料が薄くなってしまいそうでもったいない」という風に考えてしまうかもしれませんが、その考え方はダメなんです。
水分量が少ないとふわっとした泡になりにくいので、無理やり泡立てても肌に良くない泡になってしまいます。

空気をうまく含ませるコツは、空気を外から入れるように、ときどき手を外から中へ動かすようにすることです。
動画を見てもらったほうがわかりやすいのですが、手で洗顔ネットをずっと擦っているわけではありません。
擦る動きの間に空気を入れるような手の動きをしていることがわかりますよね。

 

どろあわわの洗顔ネットを使えば、簡単にブルンブルンの泡を作ることができます。
もちもち泡を作れるようになると、毎日の洗顔が楽しくなってきますよ。

コメントは受け付けていません。