どろあわわの洗顔タイミングは?朝・入浴時・寝る前の洗顔ポイント

どろあわわの使用方法について悩む女性

毛穴の汚れが気になる」「洗顔してもスッキリしない」といった悩みを抱えている女性に人気の商品がどろあわわです。
3つの泥パワーでごっそりと汚れを取ってくれるのですが、少し気になるのがどろあわわを使った洗顔のタイミングですよね。

最も効果的なタイミングを知りたい!」という方のために、朝、入浴時、寝る前のどのタイミングでどろあわわを使えばいいのかを調査しました。

洗顔のタイミングは夜1回だけが基本!

どろあわわ

どろあわわを使った洗顔のタイミングは夜1回だけ行うのが基本です。

夜の肌は、1日分の汚れや皮脂がついてしまっている状態です。
日中に分泌された皮脂は空気に触れたり、紫外線の影響で酸化します。
酸化した皮脂は臭いの原因になるほかにも、様々な肌トラブルを起こしてしまいます。

黒ずみ、くすみ、炎症、ニキビなどは酸化した皮脂が原因で起こる肌トラブルとして有名です。
1日の終わりにしっかりと洗顔をすることによって、肌トラブルを避けることができます。

 

夜にしっかりと洗顔をすれば、基本的に朝は軽めの洗顔で大丈夫です。
寝ている間にも私たちの肌には、ほこりが溜まったり、皮脂が分泌されたりします。
これらの汚れを落とすことは確かに重要です。

しかし、洗顔のし過ぎは逆に肌トラブルの原因になってしまうのです。

私たちが毎日行っている洗顔は、どのように工夫しても肌へのダメージを避けることができません。
朝にも、夜と同じようにしっかりとした洗顔を行うと、汚れを落とす以上に肌へのダメージが蓄積してしまいます。
寝ている間につく汚れは、日中活動しているときほど多くはないので、朝は軽めの洗顔が良いということになります。

どろあわわは洗浄力が強いので、朝洗顔に使ってしまうと肌への刺激が強すぎます。
脂性肌の方や生理前で皮脂の分泌量が増えてしまう方だけは、朝と夜、1日2回どろあわわを使ってもいいでしょう。

どろあわわを使うポイントを時間帯別で解説!

どろあわわの使い方を解説する女性

どろあわわを使うポイントを時間帯別で解説します。

「朝」「入浴時」「寝る前」のタイミングによってうまく使うコツが変わってくるので、しっかりとチェックしてみてください。

どろあわわを朝使うときのポイント

どろあわわを朝使うときのポイントは、部分的に洗うことです。

そもそも、夜にどろあわわで洗顔をしていれば、普通肌の方なら朝の肌の汚れはそこまで感じないはずです。
乾燥肌や敏感肌の方は、朝にどろあわわで洗顔することは肌への刺激が強すぎる可能性があります。
洗顔の目的は肌の汚れを落とすことなので、朝はぬるま湯での洗顔で大丈夫なのです。

脂性肌の方、皮脂の分泌量が多い方、夏場などで汗をかきやすい時期は朝にどろあわわで洗顔するのもありです。
しかし、どろあわわは洗浄力が強いので顔全体を洗うと肌へ無駄にダメージを与えることになりかねません。
Tゾーンや鼻などの特に気になるところだけ洗うようにしましょう。

どろあわわを入浴時に使うときのポイント

どろあわわを入浴時に使うときのポイントは、お風呂をでる直前に使うことです。

入浴中は肌の水分が蒸発しやすい状態です。
どろあわわは高い洗浄力によって、肌の皮脂や汚れを落としてくれます。

本来、皮脂は肌を乾燥から守ったり、外部からの刺激を和らげる働きがあります。
皮脂をどろあわわによって落とすと肌が乾燥しやすい状態になるということです。

ただでさえ入浴中は肌の水分がなくなりやすいので、乾燥肌の原因になってしまいます。
どろあわわで洗顔してから、湯船につかってのんびりするのはやめましょう。

どうしても洗顔してから湯船につかりたい場合は、保湿ケアまでしてからにすることがポイントです。

どろあわわを寝る前に使うときのポイント

どろあわわを寝る前に使うときのポイントは保湿ケアです。

洗浄力が強いどろあわわで洗顔した後の肌は、バリア機能を失ってしまっているので、乾燥や外部からの細菌に弱い状態です。
「あとは寝るだけだし」と思って油断していると、寝ている間に肌トラブルの原因を抱えることになってしまいます。
化粧水、乳液、保湿クリームなどでしっかりと保湿ケアをしてから睡眠することがポイントです。

コメントは受け付けていません。