どろあわわにピーリング効果なし…使っても肌は綺麗にならない?

どろあわわ

  • 毛穴の黒ずみが気になる
  • 肌にくすみが出てきた
  • 化粧ノリが悪い

このような肌トラブルを解決するにはピーリングが有効だったりします。

ピーリングには様々な種類があり、洗顔料や化粧水などホームケアで使用できるものもあります。

私が愛用している洗顔料のどろあわわを調べてみましたが、ピーリング成分は含まれていませんでした。(※ピーリング成分が入っている商品もあります(後述))

どろあわわは、ピーリング成分を含んでいないので、毛穴の黒ずみや肌のくすみに効果がないのでしょうか?そんな疑問にお答えしたいと思います。

そもそもピーリングってなに?

ご存知かもしれませんが、まずはピーリングについて復習してみましょう。

ピーリングとは英語のPeel(=剥く)を語源とする美容方法です。剥くという意味のとおり、肌表面の古い角質を取り除く施術になります。

角質を取り除く方法も、物理的な方法と化学的な方法の2種類があり、後者をケミカルピーリングと言います。

ケミカルピーリングは酸を用い角質を溶かす施術ですが、この酸も、病院で使用する強い作用を持つものから、家でも使用できるマイルドなものまで様々です。

家で行う洗顔や化粧水でのピーリングは、低刺激な酸を使ったケミカルピーリングを指します。

この低刺激な酸とは、AHA(アルファヒドロキシ酸)のことで、フルーツなどに多く含まれていることからフルーツ酸とも呼ばれています。具体的に言うと、リンゴ酸、グリコール酸、クエン酸、乳酸などですね。

ピーリング効果のあるコスメを使いたい場合は、上記の成分が含まれているか確認するといいでしょう。

ピーリングのメリット・デメリット

どろあわわ

先ほど述べたようにピーリングは古い角質を落とす美容方法です。

ピーリングは必ずしも肌に良いとは限りません。メリットとデメリットをしっかり理解して行うようにしましょう。

ピーリングのメリット

  • 肌のターンオーバーが正常になる
  • くすみが消える
  • 化粧水が浸透しやすくなる
  • 化粧ノリが良くなる


ピーリングのデメリット

  • ヒリヒリしたり肌が赤くなる場合がある
  • 肌が敏感になる
  • 肌が乾燥しやすくなる


 
古い角質を落とすということは、それだけ肌の角質層が薄くなるということです。そのため、角質が薄くなった分、バリア機能が低下し外的刺激に弱くなります。物理的な刺激のみならず、紫外線対策も必須になります。

特に、”敏感肌”や”乾燥肌”の人は注意が必要です。

肌が綺麗になる上手なピーリング方法とは?

いくら低刺激な酸を用いたものでも、毎日ピーリングを行うと肌が綺麗になるどころかガサガサに荒れることもあります。

よく言われることですが、週に1回、月に1回など間隔をおいてピーリングを行うことで肌トラブルを起こすことなく肌を綺麗に保てます。

冒頭で話しましたが、どろあわわにはピーリング成分は含まれていません。ベントナイトとマリンシルトという2つの泥成分が汚れを吸着し落とため、毎日どろあわわを使っても肌トラブルを起こす心配はありません。

自宅でピーリングを行いたいという人は、普段使いできる洗顔料にプラスしてピーリング商品を揃えると良いですよ。

「どろあわわで毛穴汚れは綺麗にならないの?」と不安になる人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。泥成分で汚れを吸着し、毛穴の中までスッキリ洗い上げます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
(参考)どろあわわは毛穴汚れに効果ある?【アットコスメ(20代の口コミ)】

ピーリング作用をもつどろあわわも存在する

通常版のどろあわわにはピーリング作用のある成分は含まれていませんが、別のバージョンでピーリング作用を持つ商品があります。

それは、どろあわわ【はちみつ】です。

どろあわわ はちみつ

バラの花から抽出された「発酵ローズはちみつ」が含まれており、マイルドなピーリング作用があります。普通のどろあわわの洗浄力だと物足りないという人は試してみると良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。