どろあわわはつっぱるの?冬の乾燥をのりこえる3つのポイント

どろあわわ 市販 薬局

「贅沢保湿のチカラで極うる洗顔!」をうたっているどろあわわですが、口コミを見てみると「お肌がつっぱる」「冬場にはさっぱりしすぎ」といった意見もでてきてます。

「実際のところどうなの?」という方のために、アットコスメさんの口コミと、冬の乾燥をのりこえる3つのポイントを紹介していきます。

よかったら参考にしてみてください^^

どろあわわはつっぱるの?【アットコスメ口コミまとめ】

22歳(敏感肌)

乾燥肌でさらに敏感肌ですが、洗顔後つっぱることもヒリヒリすることもなく使えました。
どろあわわで洗顔した次の日には化粧のりがよく、肌荒れも治り、毛穴の黒ずみも完全にとはいきませんが小さくなっています。
私には合っていたので今度はぜひ自分で購入したいと思います。

37歳(乾燥肌)
洗顔中も刺激はなく、一度使うだけでは洗い上がりはつっぱりません。
つっぱる手前のギリギリラインといった感じです。
肌はサラサラとした仕上がりになります。

26歳(混合肌)
泡立ちはよく、泡はもちもちです。
乾燥肌で、鼻口周りだけ脂性肌です。
洗ったあとはさっぱりしていいんですが、
タオルでふくとすぐにつっぱるというか
すぐに化粧水をつけたくなります。
まだ効果がわからないので、これから試してみます。

「つっぱる手前のギリギリライン」や「タオルでふくとすぐにつっぱる」といったように個人差はあるもののつっぱりを感じている方が多いみたいです。

しかし、洗顔の工夫や洗顔後のケアでカバーできるという意見もあったので、これから紹介していこうと思います。

そもそもつっぱりの原因ってなに?

どろあわわ お試し ニキビ

お風呂上りや洗顔後にお肌のつっぱりを感じやすいって聞くけど、そもそもつっぱりの原因ってなんなの?

私も気になったので少し調べてみました。

どうやら、肌がつっぱる主な原因は肌の水分が一気に蒸発するためらしいです。

クッキーやケーキを焼いているときに表面が割れてしまうイメージがわかりやすいかもしれませんね。

だから、水分が一気に失われるお風呂上りがつっぱりを感じやすいタイミングということです。

一方、洗顔後にお肌がつっぱりを感じやすいのは、洗顔の成分がメイク汚れの油分と一緒に皮脂も溶かして洗い流してしまうからとありました。

皮脂とは、肌に水分を閉じ込める役割をもっていて、皮脂がない状態は肌の水分がどんどん蒸発していく状態ということになるのです。恐ろしい状態ですね。

つっぱりの原因もわかったところで、ここからは冬の乾燥をのりこえる3つのポイントを紹介していきます。

冬の乾燥をのりこえる3つのポイント

冬は特にお肌が乾燥してしまい、つっぱりを感じることも多いはずです。

ここからは、冬の乾燥をのりこえる3つのポイントとして「洗顔時」「洗顔後」「普段の生活」で気を付けることを紹介しちゃいます。

洗顔の際の注意点

洗顔後に肌がつっぱる原因は皮脂を一緒に洗い流してしまうからです。

これを完全に防ぐことはできないので、なるべく皮脂にダメージを与えない洗顔を心掛けることが大切です。

やってはいけないのは、熱いお湯で、ゴシゴシ、長時間、洗顔すること。

これをやってしまうと肌の潤いを失いやすい状態になってしまいます。

なので、洗顔は、ぬるま湯で、やさしく、短時間でするようにしましょう。

化粧水だけでなく保湿化粧品も使おう

肌がつっぱったときにはとにかく化粧水をたくさん使って水分を与えてあげよう、という方がいますが、実はこれだけでは効果がないんです。

肌に潤いを持たせるために大切なことは“水分を与えて”、”逃がさない”ことです。

化粧品でいうと、水分を与える役割は“化粧水”、水分をお肌から逃がさない役割は“乳液や保湿クリーム”ということになります。

洗顔後につっぱりを感じたら、必ず2つセットで使うように心がけましょう。

ターンオーバーを整える

肌が一定周期で生まれ変わることをターンオーバーというらしいです。

この周期が乱れるとさまざまな肌トラブルが起こるといわれていますが、つっぱりや乾燥肌もこれが原因であることがあるそうです。

ターンオーバーの乱れの原因にストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどがあると言われてます。

1週間だけでも、「8時間睡眠をする」「栄養たっぷりの食事にする」など、生活習慣を見直してみると肌質がグンッと改善しますよ^^

まとめ

冬はお肌がつっぱって、本当にツライですよね。

乾燥が気になるどろあわわについて、冬の乾燥を乗り越える3つのポイントを私なりに調べてみましたが、お役に立ちましたか?

もっと詳しく知りたいという方のために、乾燥肌の方のどろあわわの口コミもまとめてみました。
よければそちらもチェックしてみてください^^

関連ページ

コメントは受け付けていません。